森林生物 アンブロシア菌



更新日:2017/10/18
和名:アンブロシア菌
学名:Ambrosiella spp. 
    
分布:日本・アメリカ・アジア
説明
キクイムシの仲間には幼虫の餌となる菌類をわざわざ持ち運び,その菌を自分たちのあけた穴に生やして餌にする仲間がいる。この仲間をアンブロシアビートルと呼ぶ。この仲間は体の一部に菌を貯蔵するためのくぼみを持っており,その中に餌となる菌類が入っている。その中で特に餌として重要なのがAmbrosiellaと呼ばれる属の菌類で,この菌をシャーレに培養して,キクイムシをシャーレの中で成虫まで育てられることが知られている。菌は,一部キクイムシの餌になってしまうが,移動手段として虫を利用していると考えられる。この菌類は,昆虫を殺すわけでも,寄生するわけでもない。コウチュウの餌となることに特殊化した菌類である。

データ一覧へ