森林生物 アカスジキンカメムシ



更新日:2020/03/25
和名:アカスジキンカメムシ
学名:Poecilocoris lewisi (Distant)
    カメムシ目キンカメムシ科
分布:本州・四国・九州
説明
体長は約16~20mm。大型で美しいカメムシとして有名。成虫の体色は金緑色で赤色の斑紋があるが,幼虫の体色は黒色で白色の斑紋がある。成虫は初夏から広葉樹の樹上で見られる。幼虫および成虫は広葉樹の果実(種子)から吸汁する。終齢(5齢)幼虫で落ち葉の下や樹皮下で越冬する。
                       
アカスジキンカメムシ幼虫 アカスジキンカメムシ成虫

データ一覧へ